飲む日焼け止め

FernBlockを配合している飲む日焼け止めが安心

飲む日焼け止め

 

近年は塗るタイプの日焼け止めではなく、飲む日焼け止めが人気を集めています。

 

飲む日焼け止めには様々な商品がありますが、主な成分としてFernBlock(ファーンブロック)という成分が配合されています。

 

中米に存在するシダ植物から抽出されるポリポディウム・ロイコトモス(PLエキス)が原料となるFernBlockには、紫外線を受けることで体内に発生したフリーラジカルを破壊する働きがあります。

 

フリーラジカルは紫外線を浴びると発生し、シミやシワ等の原因となります。

 

代表的なのが活性酸素ですが、フリーラジカルは活性酸素以外にも存在し、活性酸素と同様に細胞を傷つけます。

 

細胞が破壊されると細胞内部のDNAが傷ついてしまい、皮膚疾患や皮膚癌等の病気になってしまう危険性があります。

 

活性酸素は、肌のコラーゲンも破壊して老化を加速させる働きもあるので、活性酸素を防ぐことが肌を守ることに繋がります。

 

また、長時間紫外線を浴びることで、体内の細胞中のDNAがダメージを受けるのを防ぐ効果もあります。

 

体内の細胞は紫外線を浴びると、紫外線を拡散させたり吸収することでDNAを守ります。

 

しかし、長時間紫外線を浴びたり紫外線を防げない場合には、DNAも傷つくことになります。

 

傷ついてもDNAは自力で修復する力があるのですが、紫外線によるダメージが大きかったり、浴び続けたりすると修復不可能となってしまうのです。

 

そのような状態になると、細胞が変異して皮膚癌や皮膚疾患になってしまう危険性があります。

 

FernBlockは、このような危険から守ってくれる成分で、天然由来のものですから副作用の危険性もありません。

 

そのため、飲む日焼け止めを購入するのであれば、FernBlockが配合されているものを選ぶことを推奨します。