飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは飲み直しが必要なのか

飲む日焼け止め

 

塗る日焼け止めのように、何度も塗りなおさなくても良いのが飲む日焼け止めのメリットです。

 

汗をかいたりして落ちてしまう心配もなく、海やプールに入り水で流れてしまうという心配もなく、しかも手間は飲む一瞬だけで全身の紫外線対策ができるという便利さが、年々愛用者を増やしているようです。

 

しかし、飲む日焼け止めも場合によっては飲み直す必要があるといいます。

 

飲む日焼け止めにもいろいろと種類があり、メーカーによって持続時間が異なり、1日1回飲むだけで24時間対策できるものもあれば、数時間で効果が落ちてしまうものもあるようです。

 

飲む日焼け止めはサプリであっても、1日の用量を守ることが大切です。

 

定められた量以上を飲むことは避けなければなりませんが、特に紫外線の強い時期や紫外線を大量に長時間浴びるようなレジャーの時には、複数に分けて飲むことがお勧めです。

 

れは用量が1粒ではなく2粒以上のものに限られてしまいますが、まず外出する30分前に飲み、効果が薄れてくる時間にもう1回飲みます。

 

飲んですぐには効果があらわれないので、紫外線を浴びると予想される時間の30分前に飲むようにしましょう。

 

飲み直すといっても、塗る日焼け止めのように時間がかかるわけではなく、ベタベタして気持ち悪いということもなく、水やぬるま湯があればどこでもサッと飲めますし、持ち運ぶのも面倒ではないはずです。

 

何よりも全身の対策が可能なので、日焼け止めを塗ることができない部分もしっかり対策でき、もれなく対策したい方には非常に頼りになるサプリです。